ほっとほっと 高岡市の幼稚園 こどものその

富山県高岡市の幼稚園 NPO法人親と教員の会こどものその へ通う園児、卒園児の保護者の声を集めました。
こどものそのへ、そして子どもたちへの「ほっとな想い」がたくさんつまっています。
<< 2012-NO.20 | main | 2012-NO22 働くお母さんも!! >>
2012 NO21 進化する劇

 

こどものそのの生活発表会はとても特徴があります。

私のイメージしていた生活発表会の劇とは、セリフや動きを先生が決め、それをひたすら練習し本番当日を迎えるというものでした。



しかしこどものそのでは、子ども達と先生とでどんな劇にしたいのかを話し合い、すべて作り上げていきます(親も)。



だから、話の筋は変わらないのですが、ちょっとしたセリフ等、いろいろな表現の仕方が日々変わります。だんだん進化していくのです。

 

今年、息子は体調を崩し、本番前3日間休みました。

生活発表会当日私は「どんな仕上がりになったのか」

「3日も休んだ息子はついていけるのか」という期待と不安でドキドキしていました。でもその不安をよそに、息子は堂々と大きな声でセリフを言い、ダンスも隣の子を上手にチラ見しながら踊っていました。

私はその対応力にとても感心しました。



そして、この経験はこれから息子が成長していくうえで「生きる力」になっていくと思います。



年長児の母

| hot-kodomono | 園生活 | 09:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |










一番上へ