ほっとほっと 高岡市の幼稚園 こどものその

富山県高岡市の幼稚園 NPO法人親と教員の会こどものその へ通う園児、卒園児の保護者の声を集めました。
こどものそのへ、そして子どもたちへの「ほっとな想い」がたくさんつまっています。
<< 親も、助け合う | main | ドラム缶風呂 >>
子も親も楽しい園

こどものそのが他の園と大きく違うのは、親がいつでも自由に園に出入りできることだと思います。基本的に、子どもたちは教員と園生活を送りますが、その活動内容は、月に1度の年齢別懇談会で決められます。親と教員が一緒に、子どもが、今何に興味があるか、季節的にこんなことに取り組ませたらどうかと話し合います。内容によって、親が参加することもあるので、自然と子どもも親も、互いの顔と名前がみんな分かるくらい親しくなります。

 私は夫の転勤で高岡に来たため、当初娘と二人で過ごす時間が多く、周りに知り合いがいませんでした。娘の入園後は、園の行事や保育に参加したり、私も仕事を始めたりと、一気に毎日が楽しくなりました。年齢別懇談会で育児の悩みを相談し合ったり、行事に参加できなくても、他のお母さんから娘の様子を教えてもらったりと、まるで親と教員、みんなで子育てをしているようです。

 旬の食材を使ったおやつ作りや、園外へのお散歩に親子で行くこともあります。こどものそのは、まさに子も親も楽しい園ですよ。 

                    年少、0歳児の母

| hot-kodomono | 園生活 | 08:00 | comments(0) | - | - | - |










一番上へ