ほっとほっと 高岡市の幼稚園 こどものその

富山県高岡市の幼稚園 NPO法人親と教員の会こどものその へ通う園児、卒園児の保護者の声を集めました。
こどものそのへ、そして子どもたちへの「ほっとな想い」がたくさんつまっています。
<< 噛めば噛むほど深い味わいの素晴らしい園 | main |
子どもが子どもらしくいられる園

 

息子が1歳半から2歳半まで過ごしたドイツで、

現地の幼稚園を体験することができました。

その幼稚園が、私たち日本人の感覚からいくと、

すごく良い意味で適当で(笑)

子どもたちは、だいたいその日やりたいことを、

それぞれ好きにやっている。

(もちろんみんなで活動する時間もありましたよ。)

お兄ちゃんおねえちゃんが小さい子を普通に世話している。

制服やカバンなどお揃いのものなんて一切なし。

先生たちも、子どもの自主性を重視した考え方で、子どもに接していて、

特に息子のような小さい子は「親といる時間が大事」だからと

「慣れるまではなるべくお母さんも一緒に園にいてあげてください。」

と言われ一緒に通いました。

 

 

『日本に帰って幼稚園か保育園に入れよう』と思ったときに、

ドイツでいろいろな日本の幼稚園のHPなどを見ました。

みんなが同じ服を着て、きれいに整列。

そしてそこに母や家族の姿が一切感じられないことに

なんだか違和感があったのを覚えています。

 

自宅から少し遠くてもいいから、子どもが子どもらしくいられる

幼稚園はないものかな?そんな思いで探していたところ、

「こどものその」を発見。HPを読めば読むほど、理想の園でした。

 

入れてみた感想は…、

「合わなかったら辞めて近くの保育園に通わせよう〜」

と話していた私たちが、ほぼ休まず息子が通い、

家族全員が「こどものその」を満喫したと言えばわかってもらえるでしょうか?

 

特に私自身は、大事にしたい友人や縁に恵まれたかな〜と心から感じています。

正直楽しかったです。

そして何より、これから良くも悪くもたくさんの出会いの中に

向かっていくだろう息子にとって、通常ではできない経験を

たくさん積ませることができたことに本当に感謝しています。

先生やここで出会った全ての人たちに感謝を込めて、

本当にありがとうございました。

 

(H28年度卒園児の母)

| hot-kodomono | 卒園にあたって | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |










一番上へ