ほっとほっと 高岡市の幼稚園 こどものその

富山県高岡市の幼稚園 NPO法人親と教員の会こどものその へ通う園児、卒園児の保護者の声を集めました。
こどものそのへ、そして子どもたちへの「ほっとな想い」がたくさんつまっています。
<< 入園のきっかけとよかったこと | main | 噛めば噛むほど深い味わいの素晴らしい園 >>
子どもの『今』を共有できた『こどものその』

娘がまだお腹にいる頃に、お兄ちゃんがこどものそのに入園しました。

 

当時、お兄ちゃんは、石橋叩きすぎ!の慎重派。

それ故、かなりのスロースターターな上、歌や踊りなどやりたくないことは

断固拒否の頑固者…。

 

「皆と同じ」「平均」を求めて強制される場に入って拒否され続けたら

この子は潰れてしまうかも…と思っていたところに、

親ふれ*で子どものペースを尊重してくれる園の先生に出会い、

ここなら「待ってくれる」かもしれないと思い、入園を決めました。

 

入園後、彼は徐々に他人が居る場でも歌うようになり、踊るようになり、

いつしか進んで発表もするようになりました。

そこまで1年ほどかかったように記憶していますが、信じて待ち続けて、

ある時期に突然子どもの力が芽吹く瞬間を感じられたことは

本当に貴重な体験でした。

 

娘はMちゃんと共にみかん(1歳児)さんで入園しました。

当時、もう1人を加えた「荒くれ3人組」でどうなることかと思いましたが、

Mちゃんも娘も見違えて立派になりました(笑)

結果、思ったことは、子どもって結構勝手にそれなりに

育ってくれるものなのだなーということです。

そして、将来を憂いて今を犠牲にするより、

今の積み重ねで未来があると思ったほうが、

子育てはラクだし楽しい!ということです。(私だけかもしれませんが…)

 

先を見すぎると心配になるし辛くなります。

それよりも「今」子どもの輝く瞬間を見逃さず、

応援して一緒に楽しんだ方が、先が明るく見通せる気がします。

そして、この園には、それを実現するために、知恵や力を貸してくれたり、

一緒に共有してくれたりするお母さんや先生方がいてくれて、

とてもありがたかったです。

 

*親ふれ・・・こどものそのが行う子育て支援活動

 0歳〜未就園児を対象に、毎週水曜実施。

詳細はこどものそのHP『親ふれブログ』を参照    

「先を考えすぎないこと」は子どもの年齢が上がるほど

難しくなっていく実感があります。

思いっきり子どもとの時間を共有できるこの時期を

皆さん是非楽しんで下さい。

 

こどものそのを通じて、わが子の笑顔、お友達、ママ友、先生方、

たくさんの笑顔に出会えたことに感謝します。

本当にありがとうございました。

 

*親ふれ

こどものそのが行う子育て支援活動『親と子のふれあい広場』の略称。

0歳〜未就園児を対象に毎週水曜日実施。

詳細はこどものそのHP『親ふれブログ』参照

| hot-kodomono | 卒園にあたって | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |










一番上へ