ほっとほっと 高岡市の幼稚園 こどものその

富山県高岡市の幼稚園 NPO法人親と教員の会こどものその へ通う園児、卒園児の保護者の声を集めました。
こどものそのへ、そして子どもたちへの「ほっとな想い」がたくさんつまっています。
<< 2014-NO.12 こどもの社会 | main | 2014-NO.14 >>
2014-NO.13 “大切なこと”が自然に身につく“こどものその”
 子どもが将来、自分に自信をもって生きていくためには
幼い頃に、しっかりと親や周りから注目され、愛されて育
つことが大切だと思って子育てをしています。
 “こどものその”の子どもたちの周りには、常に大人の眼
があります。先生はもちろんですが、“こどものその”には、
親も一緒にできる園での生活(本の読み聞かせ、副食作り
など)が多くあります。入ってみて分かったのですが、親
たちはこのことを楽しんでやっています。
 そんな親と先生に囲まれ、また縦割り生活の中で自然に
上の子や下の子との接し方を理解しはじめた息子。家での
会話にも当たり前のように、沢山の友達や、その親の名前
が出てきます。家でそんな話をしながら、私も夫もその子
の顔や性格、その子のお父さんお母さんのことまで、頭に
浮かび、家族全員で話がはずみます。
 自分の子はもちろん、気が付けば、この園全園児の成長
を楽しめている、そんな環境で育つ子どもたち。しっかり
と自分に自信を持ち、自分で自分の道を切り開いていける
ように思います。 
                    年少児の母
| hot-kodomono | - | 04:27 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |










一番上へ