ほっとほっと 高岡市の幼稚園 こどものその

富山県高岡市の幼稚園 NPO法人親と教員の会こどものその へ通う園児、卒園児の保護者の声を集めました。
こどものそのへ、そして子どもたちへの「ほっとな想い」がたくさんつまっています。
<< 2014-NO.8 夏休みの過ごし方 | main | 2014-NO.10 親も成長 >>
2014-NO.9 勇士たちの笑顔

いずれ親の元から離れ羽ばたいていくわが子の、

せめて幼児期くらいは傍にいてつぶさに見つめ、できるだけ時間を共有したいという思いがあり、親も一緒に参加できるこの園を選びました。
 

入園当初のこと、

園で耳にする先生方の言葉に、あ!と思ったことがありました。

集団を担っている先生方の言葉に「○○しなさい!」という一律の指令がほとんど出てこないこと、

その代わりに「どうしたかったの?」「どうしたいの?」と個々に目線を合わせてしっかりと尋ねてくださっている姿。
 

そのことにとても安堵し、と同時に、まだ幼いわが子との寄り添い方の大きなヒントをいただいたのを思い出します。
 

小さな人たちが大人に委ねられた存在ではなくひとりの確かな人として、向き合い導いてくださる”こどものその”のあり方をとても有難く感じています。
 

今日も、そんな活きた空間で新しいことに挑戦したり自分なりの大切な時間を過ごしている元気いっぱいの勇士たちに会えるのが楽しみです!

                  年少児の母

| hot-kodomono | 園生活 | 00:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |










一番上へ