ほっとほっと 高岡市の幼稚園 こどものその

富山県高岡市の幼稚園 NPO法人親と教員の会こどものその へ通う園児、卒園児の保護者の声を集めました。
こどものそのへ、そして子どもたちへの「ほっとな想い」がたくさんつまっています。
<< 2013-NO.19 こどものそのに入園して思うこと | main | 2014-NO.1 リトルシェフ >>
2013-NO.20 芽が出る時期
ドキドキしながら入園した”こどものその”。
あっという間に娘は年中になり、春からは年長になります。

正直、この園の良さが分かって入園したわけではありませんでした。
なんとなく良さそう・・・ぼんやりしたものでしたが、
何かに惹かれて入園を決めました。

今ではやはりこの園にして良かったなぁとしみじみ思っています。

娘はマイペースでみんなのペースについていけないこともあります。
でも、やってみたい!という意欲はあります。
先生方はその内から出る意欲をとても大切にしてくれています。

生活発表会でも、一方的にやらされるのではなく、
子どもたちの「こうしたい!あーしたい!」という気持ちを大切に
子ども主体で創り上げていきます。
その中で、子どもたちは創る楽しさ・表現することの楽しさ等を
身をもって体験しています。

子どもが主体となって活動をしているので、
子どもの芽がぐんぐんと伸びているのを実感しています。

今伸びようとしている芽を、
今しか伸ばしてあげられない芽を
大切にしてあげたいと思っています。

年長になってどんな姿を見せてくれるか、これからも楽しみです。

        0才、3才、5才の母
 
| hot-kodomono | 園生活 | 06:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |










一番上へ