ほっとほっと 高岡市の幼稚園 こどものその

富山県高岡市の幼稚園 NPO法人親と教員の会こどものその へ通う園児、卒園児の保護者の声を集めました。
こどものそのへ、そして子どもたちへの「ほっとな想い」がたくさんつまっています。
<< 2013-NO.2 出来栄えより大切なものを | main | 2013-NO.4 こども ひとりひとりが主役 >>
2013-NO.3 一人一鉢
 

今年も、年少さんが“一人一鉢”をもちよることになりました。

一人ずつ好きな植物を鉢に植え、お水をあげたりお世話をして育てます。

 

母「何を植えようか?」

父「実がなるのがいいね。」

息子「バナナがいい!」

父母「えー!?(バナナって鉢で育てられるの??)」

という話し合いの結果、息子の鉢にはトマトの苗が植えられました。(ホームセンターにはバナナの木は売っていませんでした。ホッ。)

 

 毎朝、園に来てすぐに自分の鉢にお水をあげます。

「大きくなったね。」

「ここも伸びてきたね。」

と、息子は植物の成長を感じている様子。

トマトが収穫できた時は、きっとおいしいお顔で食べてくれるでしょう。

息子の鉢の隣に並ぶ、お友達の鉢にも、いろいろな苗や種が植えられています。

これから花が咲き、実がなる過程を観察しながら、みんなの心が豊かに育ってくれたらいいなと思います。

 

みどり(年長児)あか(年少児)の母

| hot-kodomono | 園生活 | 14:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |










一番上へ