ほっとほっと 高岡市の幼稚園 こどものその

富山県高岡市の幼稚園 NPO法人親と教員の会こどものその へ通う園児、卒園児の保護者の声を集めました。
こどものそのへ、そして子どもたちへの「ほっとな想い」がたくさんつまっています。
子どもが子どもらしくいられる園

 

息子が1歳半から2歳半まで過ごしたドイツで、

現地の幼稚園を体験することができました。

その幼稚園が、私たち日本人の感覚からいくと、

すごく良い意味で適当で(笑)

子どもたちは、だいたいその日やりたいことを、

それぞれ好きにやっている。

(もちろんみんなで活動する時間もありましたよ。)

お兄ちゃんおねえちゃんが小さい子を普通に世話している。

制服やカバンなどお揃いのものなんて一切なし。

先生たちも、子どもの自主性を重視した考え方で、子どもに接していて、

特に息子のような小さい子は「親といる時間が大事」だからと

「慣れるまではなるべくお母さんも一緒に園にいてあげてください。」

と言われ一緒に通いました。

 

 

『日本に帰って幼稚園か保育園に入れよう』と思ったときに、

ドイツでいろいろな日本の幼稚園のHPなどを見ました。

みんなが同じ服を着て、きれいに整列。

そしてそこに母や家族の姿が一切感じられないことに

なんだか違和感があったのを覚えています。

 

自宅から少し遠くてもいいから、子どもが子どもらしくいられる

幼稚園はないものかな?そんな思いで探していたところ、

「こどものその」を発見。HPを読めば読むほど、理想の園でした。

 

入れてみた感想は…、

「合わなかったら辞めて近くの保育園に通わせよう〜」

と話していた私たちが、ほぼ休まず息子が通い、

家族全員が「こどものその」を満喫したと言えばわかってもらえるでしょうか?

 

特に私自身は、大事にしたい友人や縁に恵まれたかな〜と心から感じています。

正直楽しかったです。

そして何より、これから良くも悪くもたくさんの出会いの中に

向かっていくだろう息子にとって、通常ではできない経験を

たくさん積ませることができたことに本当に感謝しています。

先生やここで出会った全ての人たちに感謝を込めて、

本当にありがとうございました。

 

(H28年度卒園児の母)

| hot-kodomono | 卒園にあたって | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
噛めば噛むほど深い味わいの素晴らしい園

いずれ親元からこの広い世界に向かって羽ばたいていく我が子の、

せめて幼児期くらいは傍らに居てつぶさに見つめ、

できるだけ同じ時間を共有したいという思いがあり、

親も一緒に参加できるこの園を選びました。

 

ピンク(2歳児)さんから通ったムスメは、

園のキャッチフレーズ(?)である“生命力全開!”を合言葉に

先生方からご指導やお声がけをいただき、自分なりの目標を見つけ、

それに向かって行動をし、達成できた時の満足感・充実感を

折にふれて味わっていました。

 

誰かとの相対的な比較から得るものでなく、

自分自身との目標立て(約束)から得た絶対的な満足感。

 

ムスメはそんな幸せの感じ方ができる底力を

この園で学ばせていただいたのではないかなぁと思います。

 

この4年間を思い返すとほんとーにいろいろありました。

楽しかったの一言に尽きます。

親としてやってみたいことを、

先生方のご理解のお陰で(園という集団生活の中であっても)

どんどんカスタマイズさせていただいたことにとても感謝しています。

 

あっという間に卒園です。噛めば噛むほど深い味わいの素晴らしい園♪

ご縁があって通わせていただけたこと、

そして園に関わる皆さんにお会いできたことに心から感謝です!

ありがとうございました。

 

(H28年度卒園児の母)

 

| hot-kodomono | 卒園にあたって | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
子どもの『今』を共有できた『こどものその』

娘がまだお腹にいる頃に、お兄ちゃんがこどものそのに入園しました。

 

当時、お兄ちゃんは、石橋叩きすぎ!の慎重派。

それ故、かなりのスロースターターな上、歌や踊りなどやりたくないことは

断固拒否の頑固者…。

 

「皆と同じ」「平均」を求めて強制される場に入って拒否され続けたら

この子は潰れてしまうかも…と思っていたところに、

親ふれ*で子どものペースを尊重してくれる園の先生に出会い、

ここなら「待ってくれる」かもしれないと思い、入園を決めました。

 

入園後、彼は徐々に他人が居る場でも歌うようになり、踊るようになり、

いつしか進んで発表もするようになりました。

そこまで1年ほどかかったように記憶していますが、信じて待ち続けて、

ある時期に突然子どもの力が芽吹く瞬間を感じられたことは

本当に貴重な体験でした。

 

娘はMちゃんと共にみかん(1歳児)さんで入園しました。

当時、もう1人を加えた「荒くれ3人組」でどうなることかと思いましたが、

Mちゃんも娘も見違えて立派になりました(笑)

結果、思ったことは、子どもって結構勝手にそれなりに

育ってくれるものなのだなーということです。

そして、将来を憂いて今を犠牲にするより、

今の積み重ねで未来があると思ったほうが、

子育てはラクだし楽しい!ということです。(私だけかもしれませんが…)

 

先を見すぎると心配になるし辛くなります。

それよりも「今」子どもの輝く瞬間を見逃さず、

応援して一緒に楽しんだ方が、先が明るく見通せる気がします。

そして、この園には、それを実現するために、知恵や力を貸してくれたり、

一緒に共有してくれたりするお母さんや先生方がいてくれて、

とてもありがたかったです。

 

*親ふれ・・・こどものそのが行う子育て支援活動

 0歳〜未就園児を対象に、毎週水曜実施。

詳細はこどものそのHP『親ふれブログ』を参照    

「先を考えすぎないこと」は子どもの年齢が上がるほど

難しくなっていく実感があります。

思いっきり子どもとの時間を共有できるこの時期を

皆さん是非楽しんで下さい。

 

こどものそのを通じて、わが子の笑顔、お友達、ママ友、先生方、

たくさんの笑顔に出会えたことに感謝します。

本当にありがとうございました。

 

(H28年度卒園児の母)

 

*親ふれ

こどものそのが行う子育て支援活動『親と子のふれあい広場』の略称。

0歳〜未就園児を対象に毎週水曜日実施。

詳細はこどものそのHP『親ふれブログ』参照

| hot-kodomono | 卒園にあたって | 10:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
入園のきっかけとよかったこと

私が『こどものその』を選んだ理由は、親ふれ*に遊びにきた時に、

先生の優しさと暖かさが、育児疲れでボロボロだった私の心を

癒してくれたのです。

スマイルママさんの、とってもイキイキとしている表情や、

ママ同士のとっても仲が良いところとかを見て、

『こどものその』に入ったら、私もあんな風な素敵なママに

なれるのかも?!と思ったからです。

 

『こどものその』に入園してよかったことは、あげればキリがないけれど、

立山青少年自然の家に年に4回も遊びに行ったり、どろんこになって遊んだり、

ブルーマンになったり。

畑で大豆や野菜を育てて、おみそを作って、おみそ汁も作って。

桜餅やチーズ、マヨネーズだって作る。

親だけではとても経験させてあげられないことをたくさんたくさん

経験させてあげられたことです。

『こどものその』で、たくさん笑って、いろんな物を作って、

楽しかったこと、悲しかったこと、その全てが我が子の中で太い根っこになって、

きっと小学生になってもまっすぐに成長していけるのではないかと思います。

3年間本当にありがとうございました。

 

(H28年度卒園児の母)

 

*親 ふ れ

こどものそのが行う子育て支援活動『親と子のふれあい広場』の略称

0歳〜未就園児を対象に毎週水曜日実施(詳細は親ふれブログ参照)

 

*スマイルママ

こどものそのの子育て支援に賛同して活動するママたちの総称

 

*ブルーマン 

ボディーペインティングで全身青色になった様子のこと

| hot-kodomono | 卒園にあたって | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
こどものそののいいところ

   ★こどものそのを選んだ理由★

 

       競い合いの運動会ではないということと見学に来たときに、

       子どもたちもお母さんたちも楽しそうだと思ったから。

 

       長年勤められている先生方にも安心感があったので。

 

 

   ★こどものそので良かったこと★

 

       ・ちょっとした悩みも周りのお母さん方、先生方にすぐ相談できたこと

 

       ・子どもと一緒に活動することでたくさんの思い出がつくれたこと

        (小学校に行ったら、こういう時間はないし、園生活もあっという間!!

          たくさん楽しいことをしよう)

 

       ・一人ひとりの成長のペースに合わせて見守り、励ましてくれるところ

        (→自信がついてチャレンジするPowerにもなる)

 

       ・ママ自身やりたいなと思ったことは、先生と相談して何でもできる

       今、子どもの育ててあげたいことも、活動につなげられる

   

 

      * 入園式・卒園式・運動会・生活発表会、どれも子どもが

          中心となって行われる。

          子どもたちの意見でつくられていく。これは他の園では

          経験できないものだと思う。

           「自分で考えること」「想像・創造すること」が培われたと思う。

           (→これは長女が学校に行くようになって実感しているところ)

 

      * 自分の子も他の子も大切にできるところ

        子どもは大きな安心感の中でスクスク育ってきたと思う

        私自身も気軽に子どもを預けたり預かったりできる環境に

         とても救われています。

 

         みかん(1歳児)さんから入園した次女がもうすぐ卒園です。

         怪獣みたいだった次女がすっかりお姉さんになりました。

         この園で、大切な幼児期を過ごせたこと、本当に良かったと

         思っています。

         いつも子どもたちと向き合ってくれている先生方に感謝しております。

         そして、私にも大切な子育て仲間ができたことにも感謝しております。

        

         みなさん、どうもありがとう!

 

 

   (H28年度卒園児の母)

| hot-kodomono | 卒園にあたって | 10:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

一番上へ